詩とは自慰のようなものである…
そう、むかし誰かが僕に言った。
 
<< ぼくとぼく | main | 祈り >>
てんとう虫
0
    みちくさをした にちようび

    みちばたに はながさいていた

    みどりの はっぱがきになって

    ぽつりとみつけた てんとう虫


    ぢっとみつめた ななつぼし

    せなかがわれて すこしハネがみえたら

    あっというまに とびたったから

    「ひょいっと」 もどした


    ぢっとみつめる ななつぼし

    せなかがわれて すこしハネがみえると

    あっというまに とんでゆくから

    「ひょいっと」 もどして


    ぢっとみつめた ななつぼし

    あざやかないろの せなかにのって

    わたしも もうすぐおうちにかえる

     
    【2015.05.12 Tuesday 23:18】 author : takenaka-poet
    | | comments(2) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    この詩すごくいいと思う。
    | さる | 2015/06/30 2:23 AM |
    BeeのTさんの話がおもしろくて何か残したくて書きました。うまく書ききれなかったと思っていました。よかった。
    |   | 2015/06/30 11:35 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://takenaka-poet.jugem.jp/trackback/1241309
    トラックバック