詩とは自慰のようなものである…
そう、むかし誰かが僕に言った。
 
<< 箱 | main | 覚悟しろ! >>
希望
0
    まっさらな 大地を

    子供達が 走っていた

    救われた 気持ちになった

    何もない この大地にも

    明日が来る

    なんども なんどでも

    明日は来る

     
    【2015.06.01 Monday 21:38】 author : takenaka-poet
    | | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://takenaka-poet.jugem.jp/trackback/1241331
    トラックバック