詩とは自慰のようなものである…
そう、むかし誰かが僕に言った。
 
<< 軌道 | main | ARABAKI 2017 2日目 >>
ARABAKI 2017 1日目
0

    ARABAKIに今年は行ってきた。

     

    猿くんと雉さん(仮)と一緒に。

    ARABAKIは宮城県で毎年GW頃に開催されている音楽フェスティバル。邦楽。


    詳しいことは猿くんが書いてくれた。

    http://blog.livedoor.jp/yoakede_gozaru007/

     

    Cocco を聴いて涙をこぼした。ライブで泣きそうになることなんていくらでもあったけれど、本当に涙がこぼれることは稀で、もしかするとはじめてかもしれない。そのことに意味なんてなくて、だからなんだよって話なんだけれど。それでも、そこからぼくは音楽について書きたいと思った。

     

    ぼくはたぶんオンタイムでCoccoを聴いていた。といって当時はライブなんて行った事がなくてCDばかり聴いていた。アルバムはサングローズまで買っていたと思う。就職で上京してからの20代に聴いていた。だから懐かしくて泣いた、わけではない。最初の音が鳴った瞬間に、鳥肌がたって、一気に当時の気持ちが蘇ってきて、それを懐かしいというのかもしれないけれど。それだけが理由で泣いたわけじゃない。

     

    Coccoの歌声は迫力があって、それに圧倒されて泣いた、わけでもない。そもそも歌のことはよくわからないからCoccoが歌がうまいのかさえわからない。ただ大好きなだけだ。それに、どうしたって当時のような声はだせないんだろうし出ていないと感じた。でもね凄かったんだと思う。それは比べられないことなんだ。当時の彼女と現在の彼女が奇跡がおこって競演したとして、勝ち負けの問題じゃないことは百も承知で自問する”どっちが勝つと思う?”ぼくは、どちらをも選ばない。どれだけ歳をとっても負けない、そんな人だからこそ好きになった。

     

    好きだから泣いた。ただ、それだけのことだ。涙がこぼれるまでには時間が必要だった、というだけで。はじめて聴いてから現在まで20年くらいの間、ずっと好きだった。最近はほとんどきかなくなっていたけれど、それでも、ずっとずっと積もっていた。アラバキであらためてそのことがわかったんだと思う、嬉しかった。こんなに好きにさせてくれてありがとう。そんな人を好きになった自分がわけもなく誇らしい。なにひとつ音楽について書けていないかもしれないけれど、もういいや。

     

    ミッシェルが好きだったあなたは現在のチバを聴いて、そうは思わないのか?想像してみたけれど、思わないのだろう。そこで疑問が浮かんできたんだけれど、あまり考えたくない。なにかを失ったから泣いた、なんて可能性は知りたくない。

     


    ○iPhoneに記録されていた歩いた距離と歩数

     

    15.2 km、26,954 steps

     

     

    ※なんか消えてしまった、、、

     

    ○観たアーティスト

     

    • ビッケブランカ
      • キーボードの人はとても魅力的でしたが観てしまうと音楽に集中できなくなるので4〜5回、6回、7回・・・みてません!
        • ビッケブランカってVo.のひとのことなんですね。
        • キーボードの人はサポートではいっている「にしのえみ」という方だそうです。
    • 夜の本気ダンス
      • 前に突撃したいのはわかりますが背中を押すのはやめてほしいです。はじめてだったので困惑しました。
      • 人と人の間を割っていってほしいと切に思います。柵近くの女の子とかつぶされちゃいますからね!
    • BAND-MAID
      • 想像していたのと違ったけれど、かっこよかったけれど、あぁいう音でやりたいのかな〜って思っちゃったら何だかのれませんでした。
      • 猿くんとは違いVo.に魅力をかんじましたが目立ったほうに気を惹かれただけかもしれません。
    • SODA!
      • その場ではあまりのれなかったのですが帰ってからYouTubeでみたら良かった気がしてきました。
    • Schroerder-Headz
      • アラバキで、自然の中でピアノを聴きたいとふと思いつきました。
    • ぼくのりりっくのぼうよみ
      • 夜だったらまた違った感じだったのではないかと思いました。
    • LITTLE CREATURES
      • 人が少なくてアレなんじゃないかとびびってましたが杞憂でした。とても良かったです。
      • となりの女の子がニッコニコで、なんだかこちらまで嬉しくなりました。
    • 矢野顕子×上原ひろみ
      • なんかアラバキとか自然とか関係なかったです。
      • そんな余裕もない感じにもっていかれました。
    • Cocco
      • 涙がこぼれました。
    • iki orchestra
      • Vo.の人のPVみていいなぁ〜と思ってました。
      • 猿くんの云うとおりかもしれないけれど、まぁ良かったです。
      • はじめてなので戸惑いましたがMCも良かったんだと思います。
    • (フラワーカンパニーズ)
      • トリに向けて休憩しながら聴いてました。
      • 猿くんを見習って休憩なんてしなければ、などと今になって振り返りますが歳なので無理しなくて正解だったのだと未来の自分に警句を残します。
    • ACIDMAN
      • トリはこういう感じがいいなと思います。
      • 合唱のところで、なんていうか大勢の声がかさなってひとつの歌をうたう、その象徴のようでとても良かったです。何を言っているかわかりませんがとても良かったの意なのです。

     

    【2017.05.03 Wednesday 23:53】 author : takenaka-poet
    | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    2日目もよろしく!

    アラバキ来てくれてありがとう。とても楽しかった。
    | さる、さくらいろ | 2017/05/04 2:36 AM |
    こちらこそ!楽しかったです!!
    | さるばきのさるの日記はこちら! | 2017/05/08 11:01 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://takenaka-poet.jugem.jp/trackback/1241353
    トラックバック