詩とは自慰のようなものである…
そう、むかし誰かが僕に言った。
 
<< ARABAKI ROCK FEST.18 | main | JAPAN JAM 2018 GW >>
HUG ROCK FESTIVAL 2018 GW
0

    東京に猿クンを迎えた後半、初日はHUG ROCK FESTIVALへ行った。

     

    正直なところ「ななみ」が出るからという理由で行くことに決めた。予習で「菅野樹梨」と「見田村千晴」が気になって聞きたいと思った。というか菅野樹梨は1度ライブに行ったので既に好きになっていた。

     

    1組目は「ニシナ」を観に行こうと思ってたんだけどリストバンド交換の列が想像以上に長くて諦めた。せめて女性と学生は優遇しても良いのではないかと思った。まぁ、色々あるんだろうけれど。

     

    というわけで…経緯は忘れたけれど1組目は gee-ge. で「はらあやの」さんを観ることにした。予習の時バンドのライブ映像をみて、雰囲気が苦手そうだと思っていた。けれど当日は弾き語りだったこともあってか落ち着いた雰囲気だった。ノリのいい曲で、きっとバンドにピッタリなんだろうと思いながら体を揺らしていた。

     

    「菅野樹梨」を聴きたかったので、GARRETで「由利華」を観たいという猿クンを別行動をすることにした。UNDERBARは椅子のある箱だった。初めて聞いたミントガムという曲をきっかけに何か凄く素敵だと思った。写真を撮っている人がいて、本人も知っている様子だったけれど、シャッター音が気になった。不快に思った。そういえばフライヤーに似顔絵を描きますってあって、いつか描いてもらいたい気もする。

     

    大好きな歌がはじまる瞬間に世界の色が変わる感覚を知っている。彼女が歌いはじめるとき、それを僕は確かに感じた。ライブでもちゃんと、そうだった。彼女のいまを聴けるのは多分、とても幸運なことだと思う。

    昼食はUNDERBARの近くのうどん屋ですませた。途中に人が並んでいる店があって気になった。天気のことを思い出せないけれど、多分晴れていた。

     

    Milkywayに移って「ななみ」を聴いた。最近は結構、彼女のライブを聴きに行っていたので目新しさはない。ただただ身を任せることができる。そう思える人は案外いないものだと思う。

     

    「次のサヨナラは世界の終わりだ」を始める前のMCで毎度、泣きそうになる。何がひっかかるのか、どうしようも無くなってしまう。ななみのMCは最初の頃、苦手だった気がする。不思議だ。

     

    ななみが歌う時の雰囲気が、僕は好きだと思う。透明な氷で覆われた真っ青に燃える炎のようだと思う。冷たくてふれがたいもの、けれども本当は暖かなもの。何を言いたいのかは自分でもわからないけれど30分はあっという間だ。

     

    「Nakanoまる」さん。ライブも良かったんだけれどその後に別の会場で3〜4回は見かけたことのほうが印象に残っている。どうでもいいんだけれど。

     

    少し休憩なども挟んでCHELSEA HOTELで「見田村千晴」を聴いた。バンド編成だった。大分盛り上がっていたように思う。音も好きなんだけれど、僕はこの人の書く歌詞に惚れていると思う。歌詞にヤラレテ泣きそうになる。

     

    「カヨコ」さんはななみとの対バンで聴いたことがある。全力で歌う姿が印象的だった。あと「to live and die in music」は泣きそうになった。大好き。猿クンが「アニソンぽい」と評していた。アニメでかかった音楽がアニソンだと思っていた自分は感心してしまった。ちょっと勉強してみようかと思った。それはそうと凄く素敵な曲だと思う。

     

    場所を移してGARRETで「わたしのねがいごと。」を聴いた。3人とも綺麗だし曲も良かったと思うんだけれど、最近は1度聴いたくらいじゃ何も思い出せない。良かったという記憶くらいしか残っていない。参るな。

     

    コンビニでビールを買って外で少し休憩をした。渋谷の路上で燥ぐ若者たち。気合の入ったカッコいい女の子がコンビニへ向かう。パーティーは終わらない。渋谷には色々な人々が集まっている。

     

    さて「山田エリザベス良子」である。前の方に隙間ができてて入りたかったんだけれど、何だか行けなかった。何か理由があったのか知りたいと思っている。それはそうと、猿クンが興味を示してCDを買うと言った。ならばと思って自分も買った。大正解だった。あまりライブやってないみたいなので次のライブ行けないか迷っている。凄く良い。Instagramとか見て「ひゃ〜可愛い」とかやって軽いストーカになっている。凄く魅力的な人だと思う。それが音にも出ている気がする。

     

    さてさて「死んでるねんガールズズ」である。何で猿クンが行こうと思ったのかちゃんと聞いていないんだけれど、トリで聴けて良かったと思う。凄く楽し気なライブだった。みんなで床に座ったり。あのギタボは絶対持てると力説されたけれど、、、まぁ可愛いことは認めるけれど猿クンとは物の見え方が違うんだなーと思った。

     

     

     

    ●みたものリスト

     

     ‐はらあやの
      https://youtu.be/8XYg-oWYc74

     

     ‐徳永由希
     
     ‐菅野樹梨
      https://youtu.be/Yh9qcx4Znpw

     

     ‐ハットリクミコ

     

     ‐ななみ

     

     ‐のぐちバンド

     

     ‐Nakanoまる
      https://youtu.be/ZnasXUtcM-w

     

     ‐大石理乃

     

     ‐見田村千晴
      https://youtu.be/uw3NRhMfnXE

     

     ‐あーた

     

     ‐カヨコ

     

     ‐ふつつか少女

     

     ‐わたしのねがいごと。

     

     ‐山田エリザベス良子
      https://youtu.be/lB-NIPJcf2c

     

     ‐死んでるねんガールズ
      https://www.youtube.com/watch?v=sBuAnecnKyQ

    【2018.05.11 Friday 01:33】 author : takenaka-poet
    | 日記 | - | - |